個で稼ぐ時代にはマーケティング感覚がものを言う

みなさん、こんにちは、こんばんは、とっさんです。

 

昨日のブログでは、日本が今、個で稼ぐ時代に突入するおおまかな変遷を書きました。

youtubeの台頭によって、個で稼ぐ時代が到来していることには、ほとんどの方が同意してくれるのではと思います。

 

では、なぜ、個で稼ぐ時代にマーケティングが必要になるのか?

その部分をお話していきます。

 

それでは、参りましょう。

 

 

 

マーケティングとはどんな意味

マーケティングと一口に言っても、とても広義な意味を持ちます。

いろいろな定義がなされていますが、ここで、分かりやすく定義します。

 

「マーケットを獲得、想像するためのすべての活動」

 

こんな感じで覚えましょう。

 

では、マーケットとは何か?

日本語では「市場」(しじょう)と言います。読み方をかえれば、「いちば」となります。

これも分かりやすく変換しましょう。

 

「売り手と買い手が集まって、売り買いが行われる場所」

 

魅力的な市場を探したり、作ったりするための行為、それがマーケティングということになります。

 

あなた自身が売り手になる時代

「売り手と買い手が集まって、売り買いが行われる場所」

そしてそれを

「探したり、作ったりするための行為」

 

前項で、マーケティングの定義をシンプルにわかりやすく表現してみました。

 

しかし、思考をめぐらす作業は続きます。

 

考える先は・・・「売り手」

 

終身雇用の時代、この売り手とは、主に企業を指す言葉でした。

もちらん個人で売り手として、活動していた人もたくさんいました。

でも現在は、集団としての売り手に属していても、そこに安心や安定はほぼなくなりました。

さらには、十分な獲得賃金が見込めなくなりました。

 

そんな中、youtuberやアフェリエイターなど、個人で稼ぐ人の情報が沢山発信されるよになり、成功したときの見返りの大きさにぞくぞく参入者が増えています。

つまり売り手としての個人が激増している時代なのです。

 

そこに見え隠れするのは、安心や安定をつかみ取る概念の変化です。

 

今まで、大企業にはいって手に入れていた、安心や安定を手に入れるを、今の社会で手に入れる方法はただ一つ。

 

それは、稼ぎまくること。

 

その手段が、IT革命によって、個人で取得できる社会になったのです。

 

つまり、「あなたと買い手が集まって、売り買いが行われる場所」が沢山できたのです。

 

あなたという個人は、すでにマーケティングプレイヤーとしての主役なのです。

 

それでも自分は企業人でありたい・・・でも

個人で稼ぐ、もしくは独立して稼ぐなんて、自分には向いていないという方も多いと思います。

 

でも、待ってください。

 

たとえあなたが、企業人としての人生を歩むとしても、もはやマーケティングとは切り離せません。

 

わたしに兄がいます。

兄は今は亡き父から町工場を引き継ぎ、細々と経営してきました。

一年前、兄は廃業しました。

職種は店舗家具作成などの木工です。

 

職人としての腕はよく、下請け、孫請けにもかかわらず、兄の作った商品は、大手百貨店などの1階インフォメーションなどで使われています。

 

そんな腕をもつ兄の廃業当時の売り上げを日当換算すると6000円にも満たない金額でした。

 

木工は衰退産業です。(特に店舗家具)

店舗の新設件数の落ち込みや木以外の素材での代替え、海外の格安業者の参入など、八方ふさがりでした。

 

どんなにいい腕も持っていも、どんなにやる気があっても、どんなに歯を食いしばって踏ん張っても、業界そのものがマーケットとして衰退していった場合、どうしようもないということです。

 

たとえ、生涯企業人として生きていこうとしても、どの業界に身を置くのか。

そして、その業界で何を培い、それを元手に次の手としてどの業界を見据えるのか。

 

終身雇用が無くなった今、あなたを助けてくれるのは、やはりマーケティングなのです。