受付突破のキラーワード

みなさん、こんにちは、こんばんは、とっさんです。

 

前回からいよいよトークスクリプトの具体的な解説になりました。

まだ、自己紹介、受付突破の最初の段階ですが、入りの部分がしっかりしないとその後に繋がりませんから、丁寧にいきましょう。

 

それでは、参ります。

 

 

大切なことなので、もう一度言います

受付の方は、断るという非常にストレスの高い業務を担当しています。

その上で、自社にとって有益な情報かどうかを判断し、第一の扉を開くかどうかを決定する担当者です。

 そのことを十分理解した上で、丁寧にトークしましょう。

まずは、受付の方にお電話した理由を簡潔に伝え、担当者の部署や名前がわかっている場合は、その部署やお名前を伝えましょう。

最後が肝心です。

わたしが普段から使っている受付の方へのトークスクリプトが以下です。

「〇〇のご責任者様に、お取次ぎお願いできますでしょうか?」

 

いかがでしょうか?

普段、かかってくる営業電話をちゃんと意識して聞いてみてください。

上記のように、丁寧に取次をいらする営業の少ないこと少ないこと。

なかなかいないと思います。

このように丁寧にちゃんと取次をお願いすると、むげに断るという反応が減ります。

 

居留守という見えない壁

受付の方にむげに断られる確率が減ったら、次に起こることがあります。

それは、しばらくお待ちくださいといって、社内を確認しに行ってくれるということ。

多くの場合、外出してるとか、会議などで離籍しているといった返答になって、担当者に繋がらないというケースになるでしょう。

ここでまたイマジネーションです。

本当に外出しているのでしょうか?

本当に会議中で、電話にでれないのでしょうか?

本当に、離籍していてつかまらないのでしょうか?

 

もちろん、本当の場合もたくさんあるでしょうが、中には、『居留守』である場合があります。

営業電話がよくかかってくるような経験があるかたは、一度や二度は居留守を使ったことがあると思います。

なぜ、居留守という対応をされてしまうのか、考えたことはあるでしょうか。

 

受付の方に要件を分かりやすく話す重要性

ご自身に置き換えて考えてみてください。

取引先ではないところから、明らかに営業とわかる電話があり、受付や事務から報告がありました。

その時、取次をしてくれる方と担当者へ、どんなお話がなされているかが非常に重要です。

 例えば

「〇〇さん、株式会社〇〇というところから電話が入っています。営業電話みたいです。」

これで、あなたはこの電話にでようと思うでしょうか」

もう一つ

「〇〇さん、株式会社〇〇という会社から電話がありましたが、どうしますか?」

このように聞かれたら、断っておいてと言ってしまうのではないでしょうか。

 

受付など、取次をしてくれる方が、担当者に簡潔かつ魅力的に自社のことを話してくれた上で、電話に出るかどうかの判断をしてもらえたら、とても助かりすよね。

 

なので、受付の方に端的かつ魅力的に電話をかけた要件を伝えることは、※「入電率」を向上させるうえで、非常に大切なことになります。

その上で、丁寧かつ真正面から、取次を依頼してみてください。

 

そしてこの※「入電率」というものが、ターゲットリストに対して、最初に出てくる確立になります。

この確率がよろしくないと、その後の成果にや労力に大きく影響してきます。

※入電率・・・受付から担当に繋がる確率

 

今後、実際の提案内容に入っていきますが、どんなによい提案内容でも担当者に繋がらなければ、そのスクリプトを活かす場になかなかたどり着けないという結果になってしまいます。

 

限定された母数に対する最初の確率というのは、その後の労力を活かす意味でも非常に重要ですので、必ず覚えておいてください。

 

それでは、また次回。